陥没乳頭修正術

乳頭部及び乳輪の皮膚を切開し、周囲の結合組織から分離して乳頭(乳管)を引き出します。
乳頭の根本両サイドに2箇所、約2㎜切開跡が残りますが、
ダウンタイムを過ぎると乳輪に隠れて目立ちにくくなります。

こんなお悩みに

  • 出産予定のある方
  • 乳頭が完全に埋もれている方
  • 乳頭にかゆみ、痛みがある
  • 乳頭の中央にくぼみがある方
  • 乳頭を普通の人と同じにしたい方
  • (男性で)海やプールなど上半身裸になる機会のある方
  • 温泉や旅行が好きだけど乳首が気になって行けない方

所要時間

20−30分

注意事項

運動、飲酒は最低3日間、可能であれば腫れが引くまで2週間目安で控えて下さい。
化膿止め、痛み止めをお出ししています。 服用によりなにか異常があれば服用を中止してご連絡下さい。

ダウンタイム

料金

  • 片側8チケット

Q&A

Q.術後も授乳することができますか?

A.術後見た目の改善と授乳機能を高めることはできます。 しかし陥没乳頭の方は機能面にも元々問題のある方が多いため、100%授乳機能を戻す保障はできかねます。

Q.傷跡は目立ちますか?

A.乳頭の根本を数ミリ切開して縫合するだけですので、乳頭に負担がかかりませんし傷跡も目立ちません。

Q.陥没乳頭はそのままにしても大丈夫ですか?

A.女性であれば出産前に治すことをオススメします。美容面だけでなく、出産後の授乳ができないという機能面にも問題があります。また男性・女性問わず陥没した乳頭に汚れが溜まり、病気を引き起こす可能性が高いです。