GLP-1 サクセンダ

サクセンダ(Saxenda®)は一般名をリラグルチドと言い、ノボノルディスク社の体重減少治療薬です。 この薬剤を毎日、少量ずつ皮下注射することにより減量を得ることが可能となります。 基本的には、脳で作用し食欲を抑え効果を発揮します。

治療概要

サクセンダ(Saxenda®)は、ノボノルディスク社が開発した体重減少治療薬で、一般名はリラグルチドです。皮下注射を毎日少量ずつ行うことで、体重を減らすことができます。この薬は主に脳で作用し、食欲を抑える効果があります。欧米では肥満治療薬として承認されていますが、日本では保険適用外の治療となります。

GLP1は本来、身体に存在するホルモンで、食事を摂取すると分泌され、食欲を調整する役割を果たします。サクセンダは、その97%が体内のGLP1と同じ成分で構成されています。

サクセンダは視床下部で作用し、特定の神経細胞が食欲や摂食行動を制御するのを助けます。

サクセンダは満腹感を増大させ、食欲を抑制します。

これらの作用機序により、サクセンダを使用する患者は満腹感を感じることができ、食事量を減らすことができます。これにより、最終的に体重が減少することにつながります。

ダイエット点滴 / ダイエット内服 / 脂肪溶解注射 / インモードFX

脂肪燃焼効果も組み合わせることで、さらに痩身効果が期待できます。

脂肪吸引

痩せにくい顔をデザインをつけて小顔にすることで、ダイエットのモチベーションもさらにあがります。

Recommend

下記のお悩みのある方にオススメです

  • 食事制限が長続きしない方
  • 運動が苦手で、ダイエットが続けられない方
  • 食欲抑制で内臓脂肪からしっかり痩せたい方
  • ダイエットに成功してもリバウンドしてしまう方
  • 仕事や家事が忙しく、ダイエットに取り組めない方
  • 体質改善でムリなくダイエットをしたい方

期待できる効果

サクセンダが視床下部へ働きかけることにより、自然と食欲抑制する効果があります。
その結果、食事量が減少し、体重減少につながります。

サクセンダは食べ物の腸内移動をコントロールする効果があり、血糖値の急上昇を防止します。
血糖値が急上昇しないことで、インスリンの過剰分泌がされず、脂肪細胞を過剰に蓄えることがなくなります。

サクセンダを持続的に処置することで、基礎代謝の向上や脂肪燃焼の促進ができ、内臓脂肪の付きにくい体質にすることができます。
無理なダイエットをおこなう必要がなくなり、将来的な疾病予防にもなります。

打ち方

施術を受けられない方

  • 妊娠中・産後3ヶ月以内(3ヶ月以内の中絶・流産含む)の方
  • 授乳中の方
  • がん(悪性腫瘍の未治療〜治療中)の方、
  • 糖尿病の方
  • 知覚障害の方
  • 心機能が低下している方
  • 腎機能が低下している方
  • 透析療法を受けている方
  • 膵炎の既往歴のある方
  • 重度の胃腸障害のある方
  • 甲状腺癌の既往または家族歴のある方
  • 全身状態が悪化している方
  • 本剤に対し過敏症の既往のある方
  • 自己注射についてご理解いただけない方はお受けいただけません。

施術可能箇所

料金

  • 1本 2T
    (1ヶ月分の針や消毒など物品も混み)

T=チケット

FAQ

サクセンダはいつ使うのが効果的ですか?

サクセンダは、1日1回、おおよそ同じ時刻に注射をすれば、効果はいつ打っても変わりません。食前、食後も関係ありません。
24時間効果がありますが、サクセンダの血中濃度は、打ってから7.5〜11時間で最大値になり、半減期10〜11時間です。
効果の持続が短いと感じる場合は、朝食前に打つことをお勧めしています。

サクセンダを中止するとリバウンドしますか?

はい。サクセンダの使用を中止すると食欲が徐々に元に戻るため、体重も戻りやすくなります。サクセンダ使用中に食事療法や運動療法を併せて行い、痩せやすい習慣を作ることが必要です。

サクセンダを中止した後、再開することはできますか?

副作用などがないことを確認して、サクセンダを再開することは可能です。再開時には吐き気等の副作用が再度起こる可能性がありますので、医師の指示に従い、低用量から開始してください。

サクセンダの保存方法を教えてください

未使用のサクセンダ を保管する場合は、凍結を避け、2~8℃に遮光して保存してください。冷蔵庫で保管してください。
使用開始後は室温(1~30℃)にて30日以内にご使用ください。冷蔵庫に保管しても問題ありません。