ピコレーザー

こんな人におすすめ

  • 肝斑を改善したい
  • 肌にハリがほしい
  • 毛穴の開きを改善したい
  • 肌をワントーン明るくしたい
  • くすみ肌を治療したい
  • 肌質を改善したい

当院ではイタリアのQuanta社製のピコレーザー「Discovery PICO PLUS(ディスカバリーピコプラス)」を使用しています。このデバイスは、532nm・694nm・1,064nmの3つの波長を備えており、症状に合わせて波長を切り替えて照射することができます。ディスカバリーピコプラスは、従来のレーザーよりも照射時のお肌への影響が少ないのが特徴です。

このピコレーザーは、濃く目立つシミだけでなく、薄いシミにも効果を発揮します。さらに、そばかすや肝斑などの美白効果や、毛穴やニキビ跡の改善、さらには従来は難しかったカラータトゥーの除去などにも効果的です。

3つの波長を組み合わせた様々な治療により、お肌全体を効果的にケアし、さまざまな悩みを解消します。

ディスカバリーピコプラスの特徴

ピコ秒でレーザーを照射

ピコレーザーの施術は、従来のレーザーよりも短い「ピコ秒」の時間で照射することが特徴です。この短い照射時間により、熱によるお肌への影響が少なく、痛みも軽減されます。

照射回数が少ない

従来のレーザー

従来のレーザーでは、メラニン色素やタトゥーの顔料を、ある一定の大きさまでしか粉砕(分解)できませんでした。

ピコレーザー

ピコレーザーは、従来のレーザーでは砕けない大きさのメラニン色素やタトゥーの顔料を、さらに細かく粉砕(分解)できます。

ピコレーザーは、「ピコ秒」でレーザーを照射することで、皮膚の深層にレーザーを届けることができます。
これにより、従来よりも細かくメラニン色素やタトゥーの顔料を粉砕(分解)することが可能となり、少ない治療回数でも効果的な治療が可能になりました。
粉砕されたメラニン色素や顔料は、代謝が活発になるため、リンパ管を通して自然に排出されます。このため、これまで取りきれなかったシミやタトゥーも除去することが期待できます。

痛みが少なく、カサブタができにくい

通常、レーザーを照射すると熱が発生し、その周囲の組織にダメージを与えて強い痛みを引き起こします。照射時間が長ければ長いほど、痛みも増大します。

しかし、ディスカバリーピコプラスは「ピコ秒」という非常に短い時間でレーザーを照射するため、周囲の組織に与えるダメージが少なく、比較的痛みが軽減されます。

さらに、「ピコ秒」のレーザーは、熱照射ではなく衝撃波によって色素を細かく粉砕(分解)するため、周囲の細胞や組織が傷つきにくく、狙ったメラニン色素や顔料のみを破壊することができます。そのため、照射後のカサブタもできにくいという特長があります。

様々な波長とパルス幅を搭載

ターゲットとする皮膚の層がそれぞれ異なるので、様々な症状に対応可能です

ディスカバリーピコプラスは、パルス幅が「ピコ秒」「ナノ秒」「マイクロ秒」の3つと、532nm・694nm・1,064nmの3つの波長に加え、単一波長のロングパルスも備えています。これにより、それぞれの特性に合わせた多彩な治療が可能となり、肌全体のさまざまな悩みに対応できます。

3つの波長は、対象となる肌の層や色調が異なるため、波長を切り替えて照射することで、これまで対処が難しかった薄いシミや、様々な色調のカラータトゥーの除去にも効果的です。

肌へのダメージと痛みが少ない

レーザーは照射すると熱を発生し、周辺組織にもダメージを与えてしまい、痛みも生じます。
しかし、ディスカバリーピコプラスは「ピコ秒」という極めて短い照射時間のおかげで周辺組織への熱影響が少なく、肌へのダメージ・痛みを軽減させることができます。

ダウンタイムが少ない

ディスカバリーピコプラスは衝撃波でメラニン色素を細かく分解するため、熱作用による周辺組織へのダメージが少なく、狙ったメラニン色素のみを破壊するので、炎症後色素沈着のリスクが減り、照射後の「かさぶた」もできにくいという特長があります。

薄いシミの治療も可能に

ピコレーザーでは、レーザーの衝撃波を利用して色素破壊を行うため、従来のレーザーに比べてメラニン色素をより細かく分解することができます。そのため、他のレーザーでは粉砕できなかった小さな色素も砕くことが可能となり、今まで反応させることが難しかった薄いシミにも効果が期待できます。
さらに3つの波長を照射できることでお肌のお悩みに対して、皮膚の浅い部分から深い部分まで効率よく衝撃波を届けることができます。

ディスカバリーピコプラスの照射方法とその効果

1.ピコスポット / ルビースポット

シミに対して、ピンポイントで照射を行います。1回の治療で高い効果が期待できます。

対象のお悩み
  • シミ(老人性色素斑)
  • ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)
  • 色素沈着

2.ピコフラクショナル

点状にレーザー照射を行います。
高出力でも肌へのダメージや痛みが少なく、自然治癒力を活用してお肌をリニューアルします。

対象のお悩み
  • 小じわ
  • キメ
  • ハリ
  • 毛穴
  • ニキビ痕(ニキビ跡)

3.ルビーフラクショナル

血管にダメージを与えることなく、メラニン色素のみを選択的に破壊できます。

対象のお悩み
  • シミ(老人性色素斑)
  • ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

4.ピコトーニング

メラニン色素を分解、排出させることができます。くすみや肝斑、細かいシミなどを治療したい場合は、顔全体に照射します。ピコレーザーは熱によるダメージが少なく済むため、通常のレーザーでは治療が難しい方にも適しています。

対象のお悩み
  • 肝斑
  • くすみ
  • シミ(老人性色素斑)
  • 色素沈着

5.ジェネシスモード

ロングパルスYAGレーザーを顔全体に穏やかに照射する方法です。ダウンタイムがなく、さまざまな美肌効果が期待できるオールマイティーな治療法のため、顔だけでなく、首や手の甲にもおすすめです。

表皮層への働きかけ

レーザーピーリング効果により、古い角質を除去して肌の新陳代謝を促進し、毛穴の開きやくすみ、黒ずみなどを改善します。
ターンオーバーを促進することで、メラニンの排泄が促され、シミや肝斑の治療効果も期待できます。また、産毛の除去効果もあり、施術後はメイクのりが良くなります。毛穴の詰まりが解消されることで、ニキビの治療効果もあります。

真皮層への働きかけ

真皮層に作用し、コラーゲンやエラスチンの生成を促すため、小じわを改善しハリのある肌へ導きます。また、ヘモグロビンに吸収されることで、赤ら顔の改善効果も期待できます。

対象のお悩み
  • 毛穴
  • くすみ
  • 小じわ
  • 産毛
  • ニキビ
  • 赤ら顔
  • 肌質改善など

施術回数

ピコスポット3〜4ヶ月毎に1〜3回
ピコフラクショナル1〜2ヶ月毎に3〜5回
ルビーフラクショナル1ヶ月毎に3〜5回
ピコトーニング2週間〜1ヶ月毎に5回以上
ジェネシス1ヶ月毎に継続

施術を受けられない方

  • 過度に日焼けしている方、日焼けの予定がある方
  • 光線過敏症の方
  • イソトレチノイン製剤(アキュテイン、ロアキュタン等)を服用中の方
  • 重症の糖尿病、心臓疾患、脳疾患、悪性腫瘍のある方
  • 自己免疫疾患の方
  • 金の糸の施術部位、金製剤を服用中、又は服用歴のある方
  • 施術部位にヘルペスなど皮膚感染症がある方
  • 妊娠中または妊娠の可能性のある方
  • また、ケロイド体質の方、てんかんの既往がある方、皮膚にヘルペスなどの感染症疾患がある方、イソトレチノイン服用を中断して3ヶ月経過していない方も治療を行えない場合があります。

治療経過・副作用・リスク

ダウンタイムは治療内容によって異なります。

  • ピコスポットでは、赤みのある状態が1週間くらい続きます。
  • Qスイッチレーザーでは、表面にかさぶたを形成し、7〜10日くらいで剥がれ落ちます。
  • ピコトーニングやジェネシスは基本的にダウンタイムはありません。施術直後に肌が赤くなる場合がありますが、すぐに落ち着きます。
  • ピコフラクショナルでは、非蒸散型では3〜5日、蒸散型では7日程度、赤みが生じます。副作用やリスクとして、赤み、腫れ、あざ、出血、ヤケド、水疱、瘢痕、点状出血、色素脱失、色素沈着などが起きることがあります。
  • レーザー照射後は紫外線の影響を受けやすく、日焼けするとシミが濃くなる場合がありますので、十分な紫外線対策を行うようにしてください。

以上の治療経過や副作用には個人差があります。

料金

各モード全顔1T(T=チケット)
モードの組み合わせも可能

Q&A

Q.自分に合ったモードがわかりません

A.カウンセリングにてお悩みや肌状態に合わせて提案させていただきますので、ご安心ください。

Q.肌に合ったレーザーを行いたいのですがコースを何個も契約が必要ですか?

A.当院はチケット制をとっておりますので、コースは特になく、肌悩みに合わせて毎月レーザーのモードを変更することが可能です。

Q.痛みはありますか?

A.モードによって痛みは変わってまいります。ただ、当院は痛みのない施術にこだわっております。麻酔の種類も多数ご用意しておりますので、安心してご来院くださいませ。

Q.治療後のメイクはいつからOKですか?

A.直後から可能です

Q.治療後の腫れや赤み、痛みはどのくらいですか?

A.治療後、数日間は古い角質が取れていきますので赤みや乾燥、一時的にニキビが増えることがあります。

Q.治療後の入浴やシャワーはいつからOKですか?

A.当日から可能です

Q.日焼けをしていても治療は受けられますか?

A.お肌が日焼けをしていると弱っているので、積極的にはおすすめできかねます。2週間以内に日焼けされているとお施術できかねてしまいます。